mamanikku30050

もっとも洋服が似合うのはすこしぽっちゃりさんです

ある超の付く人気モデルさんは、30代になってあえて太るようにしたと言います。

 

その理由は洋服が似合わなくなるからだそうです。

 

「痩せないからこそできるスタイルがある」

 

素敵な言葉ですよね。

 

確かにある程度の年齢になって細すぎると、ケンが出てしまい洋服が似合わなくなったり、老けてみえてしまいます。

 

やはり洋服が似合うのは少しグラマラスなぽっちゃりさんです。

 

日本人の女性が大抵あまり着こなせない、ゴージャス系な洋服を難なく着こなせるのはぽっちゃり系の体型です。

 

レーサーバックのタンクマキシドレスなどは、ぽっちゃりさんにしか着こなせないアイテムです。

 

今年、このワンピースをビビッドなカラーで上手に着こなしていて振り返ると、必ず少しポッチャリ系の女性でした。

 

と言っても、ぽっちゃり系でもメリハリは必要です。

 

もしメリハリに自信が無ければ、洋服のコーディネイトでメリハリを作ってしまいましょう。

 

例えばスカートの位置をハイウエストにしたり、はっきりとウエストマークをします。

 

これだけでもウエストがキュッとくびれて見えて、メリハリができます。

 

その際に少し太めのダークなカラーをアクセントに使うとよりはっきりとウエストがシェイプしてみえますね。

 

また自分の中で細く見える部分を強調すると、良いですね。

 

例えば手首が細いひとは、長袖を避けて七部袖のものを選ぶ、足が細いひとは足を見せるようにする。

 

フロントが短くて、バックスタイルが長いスカートなどは足の細さを強調してくれます。

 

今年はトレンドのヒョウ柄や、チェック柄をおばちゃん風、スクールガール風にならずに、ゴージャス感を出して着こなして欲しいと思います。

 

インナーに黒のワンピースを着て、ヒョウ柄のカーディガンを肩にかけてアクセントを付ける、

 

去年まで履いていた花柄のレギパンをチェック柄にしてみる、この二点は絶対に外せないと思います。

 

今年流行の体にフィットするタイプのタイトスカートはぽっちゃりさんを素敵に見せるアイテムです。

 

長めの丈がトレンドなので、縦のラインが簡単にできますし、このスカートは細いからだには似合わないのです。

 

ぜひ今年の流行を取り入れて、おしゃれを楽しみましょう。

一番洋服が似合うのはすこしぽっちゃりさん!関連ページ

出産を機に20kgも太ってしまい、産後3年が過ぎた今でも5kgしか痩せていない
ポッチャリ コーディネート