第三者から観たぽっちゃりファッションとは?

第三者から観たぽっちゃりファッション

私自身はMサイズの普通体型なんですが、家族にぽっちゃり体型の者がおりますので、第三者の観点からぽっちゃりファッションを分析していきます。

 

「ぽっちゃり」といっても、所謂少しふっくらした位のぽっちゃり体型から、ぽっちゃりでは済まないだろうというおデブ体型まで様々です。

 

私の家族は普通体型よりもすこしふくよかなぽっちゃり体型(155cm/58kg)だという事を念頭においておいて下さい。

 

彼女は自分でもぽっちゃりしているという自覚があるらしく、特にお腹周りから太もも辺りが気になっているようで、お尻が隠れる様な服ばかり選んで着ています。

 

色もブラック・ネイビーなどの濃い色をあえて選んで着ています。

 

ファッション自体に興味はあるので服は沢山持っています。

 

ですが、選ぶ色が全体的に暗い色合いで、シルエットもお尻を隠すような物だったり、胸の下からフワッと広がるようなデザインであったり、とにかくどれもこれも似たテイストの物ばかり選んでいるようです。

 

そうなると、いつも同じような格好をして見えるので、たまには明るい色を着てみれば?と勧めてみるのですが、暗い色こそ究極の着痩せ色だ!と思い込んでいるようで頑なに暗い色を選びます。

 

私も勿論暗い色の方が引き締まって見えるとは思いますが、メリハリも大切ではないかと思います。

 

最近流行りのバイカラーなんて、目線を逸らすのに持ってこいのアイテムだと思いますし、どんどん取り入れるべきだと言っているのに奇抜な物は目立つから…と。

 

せっかく新しい物を買うのだったら可愛い物をと思ってのアドバイスですが、長年の思いこみで簡単には変えられないようです。

 

ぽっちゃり体型の人が胸下から広がるようなデザインの服を着ると更にボリュームアップして見えると私は思います。

 

もしそのような服を着るのであれば、中を淡色にし、その上から引き締めカラーの羽織りものを着ればとてもスッキリ見えるはずなのに。

 

全体的に暗い色でまとめても、ぽっちゃり体型であることは変わりませんし、それならコントラストをハッキリさせた方が視覚効果でよっぽど着痩せすると思います。

 

まだまだ説得の仕方が足りないようなので、色々着痩せしそうなコーディネートをお勧めしていきます。

 

ぽっちゃりファッション 痩せて見える服 デブファッション 新着商品↓

→大手ニュースメディアにも多数掲載のゴールドジャパンではLL-5Lの服が豊富
page top