大きいサイズ 着こなし方法

痩せて見える太ってる人のあそび心と最旬トレンド服装 おしゃれアイテム服デブファッション大きいサイズコーデ

大きいサイズの着こなしの方法について

夏でも冬でもスマートに着こなすファッションテクニック
体型をカバーすることができるファッション。そんなファッションがあれば嬉しいですよね。
そんなあなたに今日から使えるファッションテクニックを伝授します。
体型をコントロールするのが難しかったらファッションをコントロールしましょう!
まず、ファッションで大事なことは組み合わせです。
コーディネートとも言いますよね。
このコーディネートをうまくできていないがために、
せっかく買った服の良さや自分の個性が出せなくなります。ファッションといえば冬が一番難しいのではないでしょうか?
寒い冬は何かと服を着こんで、元々ぽっちゃりなのに更にぽっちゃり…なんてことにはならないようにしましょう。
ここで冬場のワンポイントアドバイスです。保温性の高いコートと厚みのあるニットは購入しておきましょう。
また、購入する際には原色よりも暗めのトーンのものを選ぶと良いでしょう。
原色の服を着るとどうしてもその人の体型がわかってしまいます。
ですが、暗めの服を着ると着やせ効果があります。また、コートを買う際にはロングコートを選びましょう。
これは目の錯覚を用いたファッションテクニックで、長いコートを着ることによって通常の身長よりも高くなっているように見え、
これもまた着やせ効果につながります。
次に、ニットは出来るだけボタンで前開きになっているものを選びましょう。
上から着るタイプのニットはこれまた体型をそのままあからさまにしてしまいます。
まずはこの2点をおさえてください。
あとは気になるのはパンツスタイルですよね。
ここはあまり悩まなくていいです。
冬場のファッションというのは
どうしても上が厚く、下が薄くなります。
これによってあらかじめ、普段の体型よりもよりスマートに見えるんです。
ですが、デニムのような足にしっかりと密着したパンツなどはNGです。
もし、悩んだらワイドパンツを選びましょう。
最近のトレンドで、ロングコートにワイドパンツを合わせるコーディネートです。
ワイドパンツをはくと、相手の目線は下にいきます。
このロングコートの縦の目の錯覚とワイドパンツの目の横の錯覚で、
普段の体型をカバーすることができます。コートはできるだけ他の色と組み合わせやすいようにキャメル系の色やグレーカラーがおすすめです。
あとは小物ですよね。冬の小物といえばマフラーです。
特におすすめしたいものはスヌードです。
聞いたことがある方もいるかもしれませんが、これは言わば端と端が繋がっているマフラーです。
なので巻く必要はありません。
頭の上から被るようにして首周りにセットします。
なぜ、スヌードをおすすめするのかといいますと、
冬場の女性のファッションはどうしても他の人と被りがちです。そこで差をつけるにはスヌードはうってつけなのです。
最後はファッションの最難関の部分である足元ですね。
どれだけおしゃれに凝ってる人でも足元だけで全体のバランスを崩してしまう人がたくさんいます。
そうならないための大切なポイントは靴は黒色に決めてください。
なぜ黒色がいいのかというと
冬場に青色や赤色、またはその他の明るい色の靴を履いてしまうと
コーディネートのバランスだけでなく、
季節と街とのバランスも崩れがちです。
靴の種類は問いませんが、黒色、または黒に近いものを選びましょう。
そうすることで、どのようなコーディネートにも合うように仕上がります。
また黒い靴なら家に1足はあるのではないでしょうか。
インナーはどのような色のものでも、
アウターの色に合うものでしたら大丈夫です。
と言うのも、インナーはアウターの前開きの隙間からしか見えませんし、
ここに明るい発色のものをもってきてもバランスは整います。
これで冬場のコーディネートは決まりましたね。
続いて夏です!どうしても体型をカバーすることが難しい夏、
そんな夏の注意点です。
まずはストライプ柄は着ないようにしましょう。
ボーダー柄ともいいますが横に走ってるタイプのものを選びますと細身の人でも少し太ったように見えてしまいます。
夏場はフォトTか無地のシャツがいいです。
ポイントはすごく薄手の夏用のニットを羽織ることです。腰に巻いても、
肩に袖をかける映画監督スタイルでもお好みに合わせてください。
これも相手の目線をずらすファッションテクニックです。
Tシャツにスカートやデニムスタイルだとありのままの体型をさらしだすようなものです。
なので、ニットを腰に巻いたり肩にかけることで相手の目線をずらせますし、
いわゆるファッションのかさまし状態なので、よりスマートに見えます。
あとは小物でアクセントをつけます。時計などがいいですね。
とにかく相手の目線を色々なところに分散させることによってぽっちゃり体型はカバーできます!
春と秋はシーズンカラーを積極的に取り入れてくださいね。
オリーブ系の色やボルドーカラーも着やせ効果にはもってこいの色です。
これで春夏秋冬いつでもスマートに快適に日々を送れます。
是非明日からチャンレンジしてみてください!

 

大きいサイズを着こなす上でポイント

 

最近では、ポッチャリした女性の専門誌などが出るようになったりポッチャリとした女性が好きだという男性なども増えてきています。
ひと昔前までは、太っているだけで自己管理が出来ていないと、
世間から冷たい目で見られていたポッチャリとした人たちも割と受け入れられてきているのではないでしょうか。

 

遺伝的なものもあるのか分かりませんが、物心がついたころから太っています。
身長は175センチで100キロを超えてますから、第一印象は誰からも見ても太っていると思われるでしょう。
学生の頃は自分の着る服が、お店などにも置いてなくて本当に困ってしまうこともありました。結局、サイズがないとあるものから選ばないといけないので限られてきてしまうのです。そうなってしまうと、お洒落をするというよりも着られるだけでラッキーという感覚になってしまいます。

 

ですが、最近はネット通販などを利用することで大きめのサイズも色々と選べるようになりました。
また、お店自体がアメリカ直輸入していることもあり大きめのサイズを置いているショップも多くなってきたのです。
昔と比べて太っているひとからしたら、ネットショップが普及したことは本当に大助かりだと思います。ですから、私も最近ではファッションに対して非常に気を使うようになりました。

 

色々と、洋服を購入してみて気づいたのですが大きいサイズの着こなしで重要なポイントは自分のサイズよりも、
一回り大きめのサイズを購入することだと思います。そうすることで、
体のラインが出ずにスッキリとしたボディラインを見せることが出来るように感じます。また、無理して着てるような感じがしませんし、見苦しくありません。

 

ブランドにょって、同じサイズであっても若干大きさが変わってきます。ですから、その点を考えても若干大きいサイズを注文したほうがいいでしょう。

 

 

 

 

どんどんお肉がついてきて

歳を取るとともに、どんどんお肉がついてきて、ダイエットしてもなかなか痩せなくて悩んでしまうことってありますよね。

 

そういう私も実はそうなんですよね。特にお腹周りについたお肉がなかなか落ちないんですよね。

 

それで、ついにLLサイズに突入してしまいました。

 

でも、焦ったところですぐにダイエットの効果が出るわけでもないし、せっかくだから開き直っておしゃれをしてしまおうと思っている今日この頃です。

 

そんな私が大きいサイズの服を着こなすときに心がけていることはというと、「太って見えないように、組み合わせを考える」ということでしょうか。

 

黒っぽい服の方が確かに痩せて見えるとは思うんですけれども、でもそれでは、暗く見えてしまいますよね。

 

ですから、黒っぽい色の服と明るい色の服をうまく組み合わせるように工夫しているんです。

 

たとえば、明るい色のスカートを履いたときは、上に黒っぽい色の服を合わせるようにしているんです。

 

私が夏場によくやっているのは、アジアンエスニック風のロングスカートを履いて、上は白っぽいタンクトップで、その上から黒っぽい上着を羽織るというスタイルでしょうか。

 

これだったら、黒っぽい上着のお陰で引き締まって見えますし、黒っぽい上着の下に着ているタンクトップの部分が縦縞のように見えるということになるので、細く見える効果があると思いますので。

 

それにロングスカートだから、気になる下半身もうまく隠してくれますしね。

ぽっちゃりファッション 痩せて見える服 デブファッション 新着商品↓

大手ニュースメディアにも多数掲載のゴールドジャパンではLL-5Lの服が豊富

大きいサイズ レディース・ぽっちゃりファッション
U-NEXT
page top