太っていても、すっきり見せる方法

痩せて見える太ってる人のあそび心と最旬トレンド服装 おしゃれアイテム服デブファッション大きいサイズコーデ

少しでもスリムに見える服を求めて。太っていてもすっきり見せる

少しでもスリムに見える服を求めて。
この10年、10キロ以上、痩せたり太ったりを繰り返していますが、
ここ数年はずっと太ったきりの状態が続いています。

 

9号か11号の時期は結構長かったのですが、なんせ油断したら、
すぐ太ってしまう体質なので、数年おきに体型が変わります。

 

今現在のサイズは15号か17号、3Lくらいですが、メーカーや
ブランドによってサイズが変わったりもします。

 

あと、生地によっても、伸びるストレッチ素材やジャージー素材
でしたら、2Lでも大丈夫なこともあり、そんな場合はちょっと
嬉しいですね。

 

太ってしまうと、本当に服選びには苦労します。
好きなデザインの服はまず着れません。
一概には言えませんが、わたし好みの素敵なデザインのものは
大抵11号か、あっても13号くらいまでです。

 

お店に行って選ぶにしても、大きいサイズ専門店になってしまうので、
体型が変わった初期の頃は、恥ずかしくてお店に入ることが出来ず、
通販ばかり利用をしていました。

 

そして常に追及していることは、このコーディネイトは尚更太って見えないか?
と言うことです。

 

私はよく、チュニックにスリムジーンズやレギンスの組み合わせを
するのですが、バフバフしている大き目なものは返って太って
見えるので却下します。

 

あとジーンズやパンツも出来るだけ、ぴっちりしたものをはきます。
その方が、シルエットがすっきりします。どうせヒップは隠れるので、
きつくてもいいんです。

 

その他、首回り、デコルテが適度に開いていている服は、スッキリ見える
効果があるので、冬でも頑張ってタートルは、ほとんど来ません。

 

バストを強調する服も要注意です。
バストが大きければ大きいほど、太って見えるからです。
体型がスリムでバストが大きければ、それはもうナイスバディでしょうがね。
胸元にギャザーがはいっていたり、アンダーバストの所にゴムがはっている
のは着ません。

 

太っていると、何を着ても似合わないと卑屈になりがちですが、
あまり臆病にならずに、お洒落を楽しんで行きたいです。

 

 

 

太っていても、すっきり見せる方法

太っていても、すっきり見せる方法は、いくつかあります。

 

まず、なにより全体の面積が大きくならないように、することです。

 

一見したときに、大きいとそれだけで、圧倒してしまいます。

 

よく見かけるのが、だぶだぶのTシャツ、丈も長めのものを、着ている人。

 

自分の体形をカバーするつもりが、体系を強調することになってしまっています。

 

ぴちぴちの、小さいものは、逆に太っていることを強調してしまいますが、ジャストサイズの服にしましょう。

 

丈も長すぎるのは、避けます。

 

生地は、柔らかすぎるものではなく、しっかりとしたものにしましょう。

 

かちっとした入れ物に、体を収めるイメージです。

 

膨張色は、避けたいところですが、かといって、黒や紺ばかりでは、つまらないですね。

 

インナーを淡い、明るい色にするといいです。スカーフを鮮やかなものにするのも、いいと思います。

 

あなたの魅力を引き出すために、思い切って、ピンクや白、黄色という事もありです。

 

矛盾しているかもしれませんが、顔の色により、ピンクなど、膨張色が似合う人がいるのです。

 

似合う色を着て、かわいいのなら、太っていることは、気にならなくなります。

 

大切なのは、やせて見えることではなく、魅力的だということ。

 

いきいきとしていれば、それが一番。

 

鏡の前で見つけてくださいね。

ぽっちゃりファッション 痩せて見える服 デブファッション 新着商品↓

大手ニュースメディアにも多数掲載のゴールドジャパンではLL-5Lの服が豊富

大きいサイズ レディース・ぽっちゃりファッション
U-NEXT
page top