太っていてもおしゃれがしたい!

痩せて見える太ってる人のあそび心と最旬トレンド服装 おしゃれアイテム服デブファッション大きいサイズコーデ

全体的にぽっちゃりしている胸が大きい女子の着こなし

全体的にぽっちゃりしている胸が大きい女子の着こなし

 

胸が大きい上に、お腹やお尻など、全体的にぽっちゃりしている女性が着こなしで気を付けることは、細く見える部分を作ること。

 

特にウエスト部分は、細く見えるように演出するのが、スッキリ見せるポイントです。

 

 理想はワンピース。Tシャツやカットソーでも、必ず長めのものを選びます。

 

目安の長さは、ワンピースなら、ジャスト膝丈か、膝より3〜4センチ程度上くらいまでのものがおすすめ。

 

Tシャツやカットソーも、お尻が隠れるもの――お尻の下から膝の中間くらいまでの長さがほしいです。

 

 ワンピースならラップワンピースのように、ウエストを絞ることができるタイプがおすすめ。

 

ヒモタイプのベルトなどがついているものもいいです。

 

注意したいのが、しっかりしたベルトがついているタイプ。

 

固い、太いベルトは、ギュッとしめると、妙に上と下がモリッとしてしまい、本当のポッチャリ体型の人が使うには不向きだと思います。

 

もし、Tシャツカットソーに合わせるのだとしても、細めのベルトを用意し、軽くマークする程度、ギューッと閉めてしまわないほうが、きれいに見えます。

 

 ラップワンピースのいいところは、胸元がVラインになること。

 

胸元のVのラインは、大きな胸をスッキリ見せます。

 

谷間が見えると品がなく見えるので、インナーに、きちんとタンクトップを着ます。

 

キャミソールだと、どうしても胸元がガバガバして谷間が見えてしまうので、あえて生地がしっかりしたタンクトップを選ぶのがおすすめです。

 

 Tシャツやカットソーも、胸元がV開きのものを選ぶときれいです。

 

 また、ノースリーブではなく、フレンチスリーブ程度でも、肩や二の腕が隠れるデザインのほうが、腕がほっそり、全体のバランスもよく見えます。逆に、肩が見えていると、実際よりも丸く、大きく見えてしまうことがあります。

 

 足元は、7分丈のレギンスを履くようにしています。というのも、生足、ストッキングだと、生々しい印象になってしまうのですが、レギンスで隠すと引き締まって見える上、くるぶし、つまり体で一番細い部分が外に出ているので、全体的に細く見えます。

 

 さらにヒールは7センチ。ポッチャリ体型も、背が高く見えると、縦横の比率のイメージで、すっきりして見えます。

 

ぽっちゃり体型でもかわいい服を着てみたい!太っていてもおしゃれがしたい!

 

私は身長160cm体重70kgの20代前半の女の子です。

 

太っていると普通のお店だと自分の体型に合うサイズが全然なくて困っちゃいます。

 

通販なども使っていましたが失敗も多かったです。

 

でも最近は3L・4L・5L?など大きなサイズのレディース服を扱ってくれるお店が増えてとても嬉しいかぎりです!

 

お店が増えたおかげでお買い物も楽しく太っていても自分に似合う服装とかも簡単に出来るようになりました。

 

最近は春になり暖かくなっきたので柔らかい色とふんわりとしたスカートに渋い色カーキーのジャンバーを合わせ体を多少細く見えるようにしたり、ショートパンツに挑戦してみたり服装の幅も広がりました。

 

タイツなどサイズもL?LLは良く売っていましたがその上LL?JMなどはほとんど見かけませんでしたが大型の量販店にいけば手に入るようになりそれによってまた服装の幅が広がりましたね。

 

タイツは足を出していても濃い色にすれば足も引き締まって見えるので、膝丈のスカートやワンピース、ショートパンツもはきやすくなりました。

 

体型を気にしてわざと地味な服装をしているより花柄やかわいいプリント生地のシャツを着たり、ストレッチ素材のパンツをはいたりしておでぶでもおしゃれを楽しみましょう!

ぽっちゃりファッション 痩せて見える服 デブファッション 新着商品↓

大手ニュースメディアにも多数掲載のゴールドジャパンではLL-5Lの服が豊富

大きいサイズ レディース・ぽっちゃりファッション
U-NEXT
page top