シャツ 縦長

シャツ 縦長!シャツでスッキリ縦長!大きいさん・ぽっちゃりさんにおススメコーデ

大きいさん コーデ シャツでスッキリ縦長ぽっちゃりさんに?
シャツでスッキリ縦長!大きいさん・ぽっちゃりさんにおススメコーデ
背が高かったり、ぽっちゃりした女性は、
ファッション雑誌で取り上げられるようなトレンドファッションをうまく着こなす事が苦手で、
ファッションに対して苦手意識がある方は意外に多いですね。

 

しかし、大柄・ぽっちゃりが、
より魅力的に見えるコーディネートが実はあるのです。

 

コーディネートについて学び、
今よりもっと輝く自分に出会ってみませんか?

 

大柄さんがスタイルアップして見えるコーディネート、
「シャツ」の着こなし術について!

 

シャツというと、
スーツの中に着るものなのでフォーマルな印象があるかもしれません。

 

白いフォーマルシャツならその通りなのですが、
シャツと言っても色々な種類があり、
色や柄によってはかなりカジュアルでおしゃれに着こなせるものもあります。

 

まず、なぜシャツが大柄さんに似合うのか?
シャツは、パリっとした生地感によって、
体形を補正し、
直線を意識した着こなしができます。

 

どういう意味かと言いますと、
生地がしっかりしているものが多いので、
体形に左右されずに、
肩の部分は四角く、
腕の部分も直線に見せてくれるのです。

 

つまり、肩に贅肉がついていようが、
ぽっちゃりした二の腕が気になっていようが、
それらの「ぽっちゃり感」を隠してくれるのです。

 

シャツの直線使いは、ぽっちゃり感を隠すだけでなく、
「格好良い」「クール」「キリッとしている」という印象も与えます。

 

コーディネートによっては、よそよそしすぎる印象になる懸念もありますが、
そこは(後ほど説明しますが)下に合わせるもので工夫します。

 

男性がシャツを着ると、
少し頼りがいのある印象になるのもこの効果のおかげですね。

 

2歳、3歳の幼児がシャツを着ても、
幼児っぽさが抜けて少し大人っぽく見えるのも、
こういった理由ですね。

 

シャツには着やせ効果もあります。
直線でぽっちゃりとした曲線部分を隠すという事の他に、
シャツのボタン部分が身体の縦長のラインを強調し、
スタイルアップさせる効果があるのです。

 

これは、シャツのボタンを締めていても、
開けていても得られる効果ですが、
ボタンを開けていた方がより縦長ラインが強調されると言えるでしょう。

 

これは、シャツだけでなく、
シャツワンピースやシャツ型のカーディガンにも言える事。

 

首元から上半身の縦長ラインを作ることによって、
ファッションを見る他人の目には、
目の錯覚で縦長のすらっとした印象を与えてくれます。

 

大柄さんやぽっちゃりさんは、
どんなシャツを選べばよいのでしょうか?

 

まず、生地を吟味して下さい。
最近のトレンドではテロテロした素材の生地のシャツも出回っていますが、
それでは直線感が出ませんので、

 

ぜひパリッとした生地のものを選んでください。

 

色はどんなものでも良いと思います。

 

鏡の前で合わせて自分に似合う色を探して見ましょう。

 

迷った場合は、ぜひ白を選んでみてはいかがでしょうか?

 

白シャツはフォーマルな印象もありますが、
どんな柄や色にも似合う万能の色です。

 

さらに、光を反射して、
顔を明るく色白に見せてくれる効果もあります。

 

着こなしでカジュアルダウンすることもできるので、
ぜひ試してみて下さい。

 

また、サイズはジャストサイズより少し大きめを意識してみると良いと思います。

 

ジャストサイズを選んでしまうと、
折角パリッとした生地のシャツでも身体にぴったりすると
身体のラインが目立ってしまう可能性もあります。

 

少しサイズに余裕がある方が、
身体の曲線をカバーする効果が大きくなります。

 

シャツが手に入ったところで、
どのように着るか説明していきたいと思います。

 

まずはボタンですが、
上から2〜3個開けた状態を作って下さい。

 

そして、襟は後ろ側は立て気味にして、立体感を持たせると良いでしょう。

 

襟の後ろ側を持ちあげ、和装のように襟を抜くイメージで首周りを調整します。

 

襟を持ちあげるので、ボタンは3個開けていてもあまり胸元が開けっぴろげな印象にはならないと思います。

 

このような着方をすると、
襟元が少しダイナミックになります。

 

カットソーなどを着ている時とは全く別次元の立体感が出てくると思います。

 

顔周りが立体的になると、
大柄さんやぽっちゃりさんが気になるであろう
ハト胸や二の腕のボリューム感はかなり気にならなくなります。

 

さて、上半身にダイナミックな立体感が出たところで、
下半身はどのようなコーディネートが良いのでしょうか?

 

下半身もダイナミックにすると、
全体的に派手な印象になってしまうので、

 

ここでご紹介しているシャツコーデの場合は、
下半身はすっきりシンプルにまとめる事をお勧めします。

 

スカートの場合は、
少し長さのあるタイトスカートや控え目のフレアセミロングスカートなどが相性良いでしょう。

 

また、色もカーキや茶色など、
落ち着いたトーンを選ぶと良いと思います。

 

パンツの場合は、
黒などモノトーンのワイドパンツなど、
フォーマルにならないような意識があると良いかもしれません。

 

ぽっちゃりファッション 痩せて見える服 デブファッション 新着商品↓

→大手ニュースメディアにも多数掲載のゴールドジャパンではLL-5Lの服が豊富
page top