ほっそりコーデ

ほっそりコーデ|大きいさん縦長効果を狙うストール使用

ストール使用で縦長効果を狙う!「大きい」さんのほっそりコーデ

 

背が高くても、ぽっちゃりでも、ほっそりスタイル良く見せたい!
そんなあなたにお勧めのファッションアイテムがあります。

 

それは、ストール

 

ストールを使うだけで、縦長ラインが強調され、目の錯覚を利用してほっそりスタイルが叶います。

 

肌寒い秋冬であれば、首周りを温める効果もあるので一石二鳥!

 

スタイルアップとあったか効果抜群のストールを使って
、あなたもモテファッションデビューしませんか?

 

寒い季節におススメなのは、
首周りにボリュームを持たせる巻き方です。
秋冬に出回る厚手のストールを使う場合におススメのファッションです。

 

ストールのボリューム感を首周りに持ってくることでファッション全体で目線が顔周りに来るので、
上半身から逆三角形の印象が強調され、スタイルアップが期待できます。

 

まずはストールを首元に2重に回しかけます。
そして、前で一度ゆるく結び、結び目を右か左に少しずらします。
結び目を2重にしたストールに隠すようにして全体を慣らします。
そうすると、こなれた感じになります。
結び目は正面にするとネクタイっぽくなりフォーマル感が出てしまうので、
少しずらす方がカジュアルダウンできるでしょう。

 

この場合のストールの選び方ですが、
目線をストールを中心とした上半身に持ってきたいので、
できるだけ目立つような色や柄を選び、
コーディネートのポイントにすることを心がけると良いでしょう。

 

全身をモノトーンで揃え、
ストールに差し色を入れるというのも良いでしょう。

 

または、全身を無地でまとめて、
ストールに柄物を入れるというのも良いかもしれません。

 

パンツやトップスではなかなか派手な色や柄物を試すのは勇気がいるかもしれませんが、
ストールなどの小物なら気軽に手が出るのも良いポイントですね。

 

春や初夏など涼しい季節におススメなのは、
薄手のスカーフを使った「縦長スタイル強調ファッション」です。

 

日中は汗ばむ季節でも、
朝夕は肌寒いのが春や初夏の季節の悩みどころ。

 

そんな時は、スカーフを一枚鞄に忍ばせ、
防寒対策だけでなく、
スカーフのもつふんわり感で季節感を先取りし、
さらに巻き方を工夫すればスタイルアップも狙えます。

 

スカーフといっても、
ストールのような長方形の長めのものを用意しましょう。

 

色は薄ピンクなどのパステルカラーや花柄などで、
春から初夏の季節感を意識させるものだと爽やかでトレンドを意識した雰囲気が出るので良いと思います。

 

長さは、バンダナタイプではなく、
ストールのように長方形で長さのあるものを選んでください。

 

薄手でたたむと鞄にしまいこんでもかさばらないタイプだと、
外出先でも便利でしょう。

 

巻き方は超簡単!
ストールを真中で半分に折り、
それを首にかけます。以上です!

 

とても簡単なので、誰でも出来ますね。
汗ふきタオルと同じかけ方なので、
そんな見え方にならないように短めのストールではなく、
十分長さのあるストールを使う事が必要でしょう。

 

首にかけた時、両方の先端が膝上くらいまで来るくらいの長さが良いと思います。

 

このかけ方でなぜスタイルアップするのかというと、
首にかけたストールが身体の縦のラインを強調してくれます。

 

ぽっちゃりさんの場合は、
身体の太さの印象が薄れ、
縦ラインにそったシュッとした印象が強くなります。

 

背の高い大柄さんの場合は、
より背が高く見えてしまうのでは?
という懸念があるかもしれませんが、そこも大丈夫です。

 

スカーフのふんわりした印象がその部分をカバーしてくれます。
女性らしさを伴ったふんわりスカーフで縦ラインを作るので、
背の高さよりも、女性らしさが全身を包み込む印象になるでしょう。

 

ここで重要になるスカーフですが、
選ぶ際は、スポーティーなものではなく女性らしい素材感(ふんわり、透け感のあるもの)で、
季節感のあるものを選ぶようにぜひ心がけて下さい。

 

このコーディネートは目の錯覚を利用したものです。
ぱっと見た時に、
スカーフの縦のラインが無意識に目に入り、
身体の縦のラインを強調するような印象を与えるというイメージですので、
無意識が意識的にならないように気をつける事が必要です。

 

スカーフを選ぶ際は、あまりにビビッドな色や柄にならないように気をつけて下さい。
上下のコーディネートと同じような色合いのものを選んだとしても、
スカーフの縦ラインは必ず無意識に訴えることができます!
なので、さりげない色使いや、派手になりすぎない柄物が良いでしょう。

 

ぽっちゃりさんや大柄の方の中には、
体形を隠したいという一心で、
スカーフやストールをポンチョのように羽織るという方もいらっしゃると思います。

 

しかし、一見体形を隠しているように見える「羽織る」技術は、
実は身体全体をより大きく見せる目の錯覚効果もあります。

 

隠したい気持ちはわかりますが、
そこはぐっと我慢して、
視線を上にずらしたり、
目の錯覚を狙ったりして、
より良いスタイルアップ効果が狙えるコーディネートを心がけてみてはいかがでしょうか?

ぽっちゃりファッション 痩せて見える服 デブファッション 新着商品↓

→大手ニュースメディアにも多数掲載のゴールドジャパンではLL-5Lの服が豊富
page top