痩せて見える太ってる人のあそび心と最旬トレンド服装 おしゃれアイテム服デブファッション大きいサイズコーデ

チビデブ流大きいサイズの服の選び方

私はチビデブなので、洋服を探すのにとても苦労します。
「大きいサイズ」と書かれていると、確かにウエストもヒップも大きいのですが、
同時に裾も長く、丈詰めをしてもらってもあまりバランスの良くない洋服になってしまいます。

 

このような時、大体太い脚は隠そうとする人が多いようですが、
チビデブの場合は却って隠さない方が良いことも多いです。

 

ひざ丈スカートにタイツ、ムートンブーツという組み合わせで十分可愛らしく見えます。

 

ひざ丈スカートでも、特にタイトなものではなく、
少しフレア気味のスカートなどは上手くコーディネート出来るかな、と私は思います。

 

ショートパンツはの人の脚の太さにもよるので、
きちんと試着して、納得のいくサイズを探した方が良いと思います。

 

また、長いズボンー例えばジーンズなどーは、ストレートやスリムタイプよりは、
少しブーツカット気味の方が似合うような気がします。

 

特にスリムタイプは、裾詰めすると形が崩れてしまいます。

 

ブーツカットですと、少し丈詰めしても裾の方はまだ少し広がっているので、
綺麗に履けるのかな、と思います。

 

しかし、全体的に「大きいサイズ」のコーナーに行くと
「大きいサイズ」=太って体型の崩れたオバサン服、ということがよくあることは否めません。

 

安くても着こなせればいいかな、と思い、私はしまむらや着こなせる大きいサイズの大きいサイズの服をよく買っています。

 

チビデブ流大きいサイズの服の選び方 ぽっちゃり コーディネート!ぽっちゃり コーデ

ぽっちゃりさんでも大きいサイズの服の選び方 でコーディネートを楽しく♪
ぽっちゃりさんでも、コーディネートを楽しむことはもちろんできます。

 

私は産後に太ってしまって今でもぽっちゃりさんなんですが、
毎日何を着て何を合わせるか考えるだけでもウキウキして楽しんでいます。

 

ただコーディネートを考える時に少しだけ気をつけていることがあります。

 

メリハリを考えてコーディネートしよう

太ってしまったからと言って、毎日楽ちんな服ばかり選ぶのはつまらないかもしれません。

 

例えば、自分の体型以上に大きいぶかぶかのサイズの服を着て体型を隠そうとしていると、
着心地はとても楽ちんなのですが、とてもだらしなく見えます。

 

全くメリハリがなく、気持ちまでメリハリがなくなりそうです。
また、Tシャツなどのカジュアルな服ばかり着るのもめりはりを感じられないかもしれません。

 

まず、自分の全身の体型を今一度よく見てみて考えてみましょう。
太っているといっても特にどこが太っているのか、どこを隠してコーディネートしてみたいのか。

 

もし、足首が細かったら思い切って見せるコーディネートを考えてみるのもいいかもしれません。

 

ぽっちゃりさんは首、手首、足首を出すコーディネートをするととてもすっきり見えるはずです。

 

特に首元を見せるトップスは、とても女性らしさを感じられるものです。

 

首を見せる時にその角度が鋭いほど強調されるので、
メリハリ効果が出てすっきりと見えます。

 

また、ウエストが細いのであれば、
もちろんウエストをマークするような服も選んでみましょう。
これも女性らしさを感じます。

 

ぼてっとした大きな服を着て全身を隠すより、
自分の自信のあるところは思い切って見せてみましょう。

 

やりすぎはいけませんが、
コーディネートにメリハリがでてきたことが実感できると思います。

 

しかしここで、あまり体のラインを拾わない服を着るのも大切です。
ぴったりしすぎた服はみっともなく見えるかもしれません。

 

上下ぴったりした服をきていると、
窮屈した印象を与えます。

 

特にトップスは、とろみのある素材のものもお勧めです。
さらっとしていて、さわやかさも与えます。

 

パンツにはワイドパンツがお勧めです
自分のサイズにあっていればとても素敵に大人の女性らしく着こなすことができます。

 

縦のラインを強調したコーディネートをしよう

ぽっちゃりしている人は、とにかく膨張したイメージを与えます。

 

そこで、縦のラインを強調することを意識してみてください。
とにかく縦の方に意識が向くようにするのです。

 

たとえば、短いカーディガンを着るより、
長いカーディガンを着た方が縦が意識されます。

 

また縦にタックやギャザーが入った服も同じです。

 

それもたくさんギャザーが入っている方が縦が意識されて着痩せているようにみえます。

 

さらに、柄がストライプなのも同じ効果が出るようです。

 

ストライプは爽やかな印象も与えるので春などには持って来いではないでしょうか。

 

逆にボーダーの柄を着ると、より膨張して見えるようです。
ボーダーの幅が太くなればなるほど太って見えるので、
ボーダーを着る時には、首元を見せたり、
暗めの色を選んだだり工夫してみましょう。

 

太って見えない色を使ってコーディネートしよう

黒・グレー・紺など暗い色は引き締め効果があります。

 

反対に白・黄色などは膨張させる効果があります。

 

自分の体型の中で太っていて隠したい部分には暗い色を使うと
引き締まって見えるので取り入れたらいいと思います。

 

しかし、全身引き締めたいからと例えば
全身黒にするのはあまりお勧めしません。
とても暗く見えてメリハリが感じられないからです。

 

うまく膨張色も取り入れて色の緩急をつけましょう。

 

しかし、太っている女性は、
ほんわかしたイメージがあり、女性ならではのやさしい・おおらかな印象を与えることがあります。

 

そのようなイメージを大切にしたい方には、
部分的に暗い色を取り入れ、白・ピンク・ベージュなどの色をうまく取り入れて欲しいと思います。

 

小物をうまく使ったコーディネートをしよう

着痩せして見えるコーディネートには、
視線を上へ上へをもってくることが大切です。

 

そこでお気に入りの帽子をかぶったり、
カーディガン等を肩にかけるのもいいかもしれません。

 

ちょっと派手めな小物などを駆使して、
色遊びするのも楽しいものです。

 

また、ヒールの高い靴も、縦へ強調されて痩せて見える効果があります。

 

コーディネートを楽しもう

コーディネートをする際に気をつけてみたいポイントを挙げてみました。
太っていると、それだけで自信を無くしてしまうかもしれませんが、
万人受けするファッションなどないと思います。

 

自分の体型をまずよく知り、
それに対して自分はどう感じているのか、
隠したい気持ちがあるなら色を考えたり
体型を拾わない服などを選んだり工夫できる手だてはたくさんあります

 

。しかし自分の体型に自信を持っている部分には、
そこを見せてバランスのよいコーディネートをして欲しいと思います。

 

見せることで、メリハリがつき、
着痩せして見えて自分らしさが生まれて来るはずです。

 

もちろんその際、やりすぎはいけませんが、
そうやって毎日ファッションを楽しんで
、自分なりのしっくりとくるコーディネートを見つけてほしいと思います。

 

 

ぽっちゃりレディースの人気 ランキングは
★お洒落 ★食★運動★サプリ どれ?

痩せて見えるぽっちゃりコーデ
黒しょうがと生酵素のパワー 【スマート黒しょうが+生酵素】
日本初!アミノ酸をパワーアップする乳酸菌【スマートガネデン乳酸菌】
きゅきゅっとスッキリ〜めぐる美人〜 【するっと小町】
何度ダイエットをしても失敗していた方へ?すっきりフルーツ青汁

チビデブ流大きいサイズの服の選び方関連ページ

冬服はどうしても着膨れしがちですね
冬服はどうしても着膨れしがちですね
ぽっちゃりファッション誌・ラ・ファーファに期待のおデブちゃんが多い!
ラ・ファーファは年2回発行らしいです。少ないですね・・・。
大きくてもおしゃれしたい!でも難しー!
苦労する大きなサイズの洋服探し